はり・きゅうのひみつ

鍼灸施術をご存じですか?

鍼(はり)の施術
きわめて細いステンレス製の鍼を経穴(ツボ)に刺入します。
灸(きゅう)の施術
もぐさを用いて経穴(ツボ)に熱刺激を加える方法です。
はり・きゅうのひみつ
ディスポーサルはり
きわめて細い使い捨てのはりを使用。
はり・きゅうのひみつ
円皮鍼
持続した刺激を与えられます。
はり・きゅうのひみつ
箱灸
箱を温め、そこから患部に熱を伝えます。

鍼灸施術で保険適用となる症状

神経痛(坐骨神経痛など)・腰痛症(慢性の腰痛など)・リウマチ(急性、慢性で各関節が腫れて痛む)・五十肩(肩の関節が痛く腕があがらない)・頸腕症候群(頸から肩、腕にかけてのシビレ・痛み)・頸椎捻挫後遺症(頸の外傷、むちうち症など)

※鍼灸施術に関しては医師の同意書が必要です。
※「はり・きゅう及びマッサージの施術に係る療養費の取扱いについて」(昭和42年9月18日保発第32号)により、療養費の支給対象となる疾病は、慢性病であって医師による適当な治療手段のないものとされています。主に神経痛・リウマチなどで、類症疾患については、これらの疾病と同一範疇と認められる疾病(頸腕症候群・五十肩・腰痛症及び頸椎捻挫後遺症等の慢性的な疼痛を主症とする疾患)に限り支給の対象とされています。

〒550-0012
大阪府大阪市西区立売堀4丁目6番9号 大嘉ビル

トップにもどる